10連休が終わろうとしている・・・。




-------------------------------------------------------------


5月3日のPmang感謝祭に行ってきました。

楽しくて年甲斐もなくはしゃいでしまいましたが、良い経験ができました。

一方的に絡んだ皆さんありがとうございました。


やはりああいう場に言って人と話すとやりたいことがたくさん見つかりますね。

仕事の忙しさも相まって、若干プレイの幅が狭まっていたので良い刺激でした。

GM LuciusやOrchidnaとも直接お話をさせていただいて

「なんか(イベントを)またやります」
「休日出勤させます」

と言ったので 6月のイベント企画に相成りました。


感謝祭のArcheAgeステージにて、過去のアップデートを時系列で紹介するシーンがあったのですが、気づけばもうすぐ3周年なんですね。

ナチャッシュガルIDに行かないまま2年が経とうとしていることにびっくりしちゃいました。


そこで、私も過去のイベント遍歴を少しまとめてみたくなったわけです。





【2014年1月19日】
オニオンカップ

主催:Nell

スポンサー:Tamanegi




関連記事はこちら

Tプロデューサー


ヤクザがきた
【オニオンカップ】コース紹介
オニオンカップ前夜祭
オニオンカップ前夜祭(録画)
オニオンカップ本番!



私が初めて関わったユーザーイベントです。と言っても主催はNellさんで私はスポンサーという立場でした。

これがきっかけで、私はイベントを主催するのではなく「スポンサー」や「監修」として関わるようになっていきます。
金と口だけ出す楽な仕事です。




さて、このオニオンカップ、きっかけは運営さんサイドが企画・運営したレースイベントでした。
 

GMアーキラリー


またこういう系のイベントやってくれないかなというのは個人的な思いですが、各サーバーてんやわんやで非常に面白かった記憶があります。

(特にGeneサーバーはGMに対する妨害がえらいことになってて爆笑していました。)
※このイベントは妨害推奨だったので正しい姿であったと言えます。


この頃はまだエアナード実装前ですから、貨幣価値は今の十分の一ほど。
1,000金をイベント運営資金として出資していますが、今で言えば1万金に相当したんじゃないかと思います。
(当時の私の総資産は6,000金ほどでした。)

また、あくまで運営資金としての出資なので、全てが賞品・賞金になっているというわけでもありません。
賞品は主催のNellさんが各所から精力的に集めてくれていました。


時期としては車が実装して少し経ったころ。
材料がシビアで所有者はほとんどいませんでした。
(図面の入手が困難で、当時一番入手しやすかった名誉ポイントが対価となるレッドスターが主流でした。)


あまりにも入手が難しいので、公式イベントとして「レンタカー」が配布されたのです。

余談ですが、レンタカーとして車を配布したのは大成功だったと思っています。
これをきっかけに車製作を目指し始めた人がとても多かったのですから。


レンタカーの所有期限も比較的長く、遠征隊単位でレーシングイベントが行われることはありましたが、ユーザーイベントとしてのレースはありませんでした。

今でこそレーシングイベントは各所で行われていますが、この「オニオンカップ」はその先駆けになったのではないかなと自負しています。
(反省点も多いイベントでしたから、ここでの経験が今後のイベント運営に大きく関わってきています。)

・意図しないショートカット予防のためにチェックポイントを設ける。
・ワープによる移動を避けるため荷物を背負うことを義務づける。

この辺りのルールはこの時期から既に設けられています。


また、このオニオンカップは公式放送を行っていますが、私は出演していません。
一スタッフとしてお手伝いをしていました。

私が公式放送にお邪魔しにいくようになるのはもう少し先の話。


しかし、企画から本番まで一週間足らず。加えて参加者40名というのは今考えると信じられない数ですね。
2年経った今でもやれる気がしません。恐ろしい。


これ以降、レース系のイベントは2回行っています。
オニオンカップリターンズ
E-1グランプリ

私の覚えていないところで他にもあったら教えてください。
2年ともなるとかなり記憶が怪しいです。

上のイベントについてはまた別の記事にて紹介させていただきたいと思います(引き延ばし)


またレース系のイベントもやってみたいですね。
アイディア絶賛募集中です。