GWちゃんばいばいまた来年




-------------------------------------------------------

昨日に引き続き、大小問わず過去に行ったイベントを紹介していきます。

過去記事はこちら

第一回「オニオンカップ」



過去の催しを時系列的に紹介していきたいと述べたばかりですが、オニオンカップ以前にも小規模イベントを実施していたことをすっかり忘れていました。

思えばイベント主催の原点はここにあったのかもしれません。

当時はまだ学生であったこともあって、単発イベントを頻繁に行っていました。

今日紹介するのはそのひとつです。



【2013年12月、2014年1月】
 
地図掘りスコアアタック(仮称) 


関連記事はこちら


サンタさんは実在した
12月収支報告+お年玉企画の宣伝
2014年を占え!お年玉葱ゲット宝探し大会!



(仮称)なのは、正式な名前を考えていなかったからです。
当時は「地図掘りイベント」と呼んでいたような気がします。


ルールは至ってシンプル。

参加者に「宝の地図」を渡し、掘ってきて戻ってくるまでの時間とその中身を競うというもの。

着順に応じてポイントを付与。また、掘り当てた中身に応じてポイントを付与します。

過去記事よりルールを引用するとこんな感じ




着順に従いポイントが付与されます。(1位10pt、2位9pt・・・9位2pt、10位1pt)

また、宝の地図から得られたアイテムによってポイントが加算されます。(加算ポイントは下記の通り)

武器防具・・・10pt
浮遊石・・・8pt
サンアーキウムの結晶・・・6pt
ムーンアーキウムの結晶・・・5pt
スターアーキウムの結晶・・・4pt
デルフィナードの星・・・2pt
ヌイの涙・・・1pt


エアナード実装前のイベントですので、地図の中身は今とかなり違います。また、宝の地図もサルベージによって比較的容易に手に入った時代でした。

(個人的に地図掘りは大好きなので、またいつかがっつりやってみたいものです。)


かなり急造で考えたルールだったのですが、思いのほかよく出来ていて個人的にかなりお気に入りのイベントです。

知力・体力・時の運の全てを兼ねそろえていないと上位に入れないというのはお祭り系イベントとして理想です。


実際、初回時は4/7着の人が優勝し、2回目は海賊島で迷子になったkiokioくんが13/17着で見事優勝をかっさらっていきました。

まさにエンターテイメントといった感じです。

ただ、2/17着の人が2位につけている辺り、着順も重要なファクターであることが分かります。


運と実力のバランスが結構しっかりしていました。



ただ、このイベントは致命的な欠陥を持っていました。

後の大規模イベントにこの企画が用いられなかったのはその欠陥ゆえです。


不正防止の手段がない。




少し話が脇道に逸れますが、イベントを主催や監修するにあたって、私が最も重要視しているのは「イベントのルールづくり」です。

(もちろん本来一番大事なのは集客ですが、ここは運営的視点で考えます。)


あくまで持論ですが、参加者やそれに近しい人たちによる不正が発生した場合、責められるべきは主催者であると考えています。

(不正者を擁護するわけではありません。不正とは断じてあってはならないものです。ただ、不正をした人の人間性のみが責められるのは少し違うなと考えています。)


なぜなら、ルールに穴があったから不正者につけこまれたわけであり、不正者を産み出したのは主催その人であるからです。
そもそも、ルールに問題がなければ不正は発生しません。
半端なルールのまま舵を取った主催者は、極端な話、加害者なのです。


だからこそ私は「不正の出来ない」ルール作りを常に意識しています。

それは参加者の良心を疑っているからではなく、自分の主催するイベントに関わってくれた人たちだからこそ、彼らが悪人になることはあってはならないという思いゆえです。

彼らを守るために、厳格かつ適切なルールが必要になるのです。

参加者を善とするか悪とするかは、主催の手腕に全てかかっています。





話を戻します。


この地図掘りスコアアタックは引き当てたアイテムをスコア換算するのが肝です。
しかし、それが本当に引き当てたものなのか、それともこっそり入れ替えたものなのかは本人以外に判別がつきません。

自己申告してもらうしかないのです。


となると、完璧な不正防止が出来ません。

参加してくれたプレイヤーを守ることが出来ないのです。 





企画としてはかな~りいい線いってると思う分、根本的な部分が解決しないのでモヤモヤです。



いつかこのイベントを公式放送に載せたいですね。




信頼の出来る身内だけでのイベントであったり、実際に顔を合わせることの出来るオフラインイベントなんかでは結構アリだと思います。

GMさん、この記事見てましたらぜひ3周年イベントで採用してください。

アイディア料は特別にロハで大丈夫ですよ。 






GWも終わっちゃったので次の記事はたぶん来週に。